FC2ブログ

orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

≫ EDIT

本日オープンハウス



本日は晴天の中、朝霞市でオープンハウスを開催します。ご来場お待ちしております。

この晴れ間を逃したくないので、無理言ってカメラマンにも来てもらいました。
スポンサーサイト

| ツラナルノイエ(三世帯) | 09:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツラナルノイエ チラ見

この週末にオープンハウスをする予定のツラナルノイエを少し紹介。



LDKのダイニングのあたり



中庭テラスから見た外壁



階段と中庭

見てみたい!と思われた方はぜひ
3/2~3のオープンハウスへ!

| ツラナルノイエ(三世帯) | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ツラナルノイエ」オープンハウスのご案内

connect asaka open house  
しばらくごぶさたしております。
現在、WEBと共に新しいブログページを作りつつあり
こちらのブログもそちらに移行してゆくつもりですが
ぜひ見てください!状態になるまではしばしこちらも併用させていただきます。

さて、来る3/2と3/3にツラナルノイエのオープンハウスを開催します。
詳細ご希望の方はメールにてご連絡ください。
info@connect-arch.net

お待ちしております。

| ツラナルノイエ(三世帯) | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Low-E ガス入り 樹脂サッシ

 

それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家では、サッシ工事が始まりました。
今回この住宅では樹脂サッシを全面的に採用しています。

サッシにはアルミ、アルミ樹脂複合、樹脂とおおきく3種類のサッシがあります。
数年前は樹脂サッシのラインナップが少なかったものの
リクシル、YKK共に日本の家の断熱性能を良くしようと
樹脂サッシの値段がぐっと下がってきました。

樹脂にするとサッシの額縁が大きくなってしまい、不格好という向きもありますが
中庭があり、窓が多くなったこの家では断熱性能を優先。
YKKAPW330 という樹脂サッシを基本に採用しました。

3~4ミリの2枚のガラスの間に空気層を設けることで
断熱性能を確保したのが複層ガラス
さらに2枚のガラスの内側に特殊な金属膜を吹き付けて
断熱、遮熱性能を向上させたのがLow-E複層ガラス
樹脂サッシであればLow-E複層が最低ラインの性能でしょう。
その上には空気層を真空にした真空複層ガラス
2枚でなく3枚のガラスにすることで空気層をダブルにした
トリプルガラスという選択肢もありますが、
ここでは空気層にアルゴンガスという特殊なガスを
封入したものを使いました。
特殊といっても普通にラインナップされているものです。

さらに2枚のガラスをサンドイッチして留めておくパッキンに
アルミではなく樹脂をつかったものを採用しています。

これらはYKKの品川ショールームで教えてもらいました。
業者向けの特殊なショールームで、実際に熱や結露を比較体験しながら
製品選択時の参考になる商品を見ることができます。
残念ながら業者と一緒でないと見れませんが、
細かい部分まで手の届く設計が少しでもできたのも
ここでの勉強のおかげと思います。

何気に大工さんが付けているように見えるサッシも
さまざまな条件から選択した製品だったりするんですよね。

| ツラナルノイエ(三世帯) | 07:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿夫利大山トレッキング@伊勢原


 

少し前の話ですが、家族でトレッキングに出掛けることになりました。
たまたま休みが取れそうだった日の前日に台風が通過して夏のような気温になった日です。

高尾山に一度、しかも上りもくだりもロープウェイ利用という程度なので
ほぼ初トレッキング
選んだ場所は伊勢原にある大(おおやま)。
こちらもケーブルカーがあるから、という気弱な選択ですが、
まあいいじゃないですか。

ケーブルカーを使うのは下山するときだけにして、
登りは別ルートから行って、下から登ってみよう!ということになりました。

夏のような気温になりそうでしたが、ちょうど山は涼しくていいかもね~
なんて気楽なことを言っていたら、あら大変。
登山道は倒木だらけ。台風ってすごい。

日頃の運動不足と、足元の悪さがたたって、なんと1200mほどの頂上に
到達することなく、阿夫利大山下社までで断念、無念。

登山が楽しいことが分かったから、頂上はまたの機会だ
と強がりを言ってみましたが、脚に来てるのも確か。これは少し運動せねば。
下社からの景色は台風一過も手伝って遠方までスカッと見えました。
江の島は言うに及ばず、房総半島まで。気分爽快。



帰りは予定通り?ケーブルカーに乗車してあっという間にふもとまで。
グッドデザイン賞取っているらしい車両をパチリ。
よくこんなところに線路を敷いたな、という驚きのルートに
目をぱちくりしている間に着いてしまいますよ。

ケーブルカーを下山時のみにした理由のもう一つが、
豆腐料理をいただくこと。
清らかな水があるところは豆腐もおいしいらしく、
疲れた身体に染みわたりました。
ん?染みわたったのは日本酒かな。

阿夫利大山。まったく知識がありませんでしたが、
神奈川県民にはデフォルトとも言うべき山らしく、
後日知り合いの県民の方と話をすると情報をいっぱいいただくことになりました。
山頂にも到達しなかったし、これはもう一度リベンジ、かな?!

| travel / 旅・散歩 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT