orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツル植物が面白い?


ベランダに植えたツル植物。我が家はゴーヤではなく、ハヤトウリを植えていますが、その成長ぶりが見ていて飽きない。伸ばしたツルが何かに捕まると、半日後には必ずクルクル巻いている。
さらに驚いたのが写真の部分。これは、ベランダの軒裏に三点支持でぶら下がるツル。まさかこんなところに捕まることができるとは知らなかった。

グリーンカーテンは視界が悪くていやなので、グリーンパーゴラになるように軒下にネットを張っているんだけど、ネットはいらなかったね。
スポンサーサイト

| ecology / エコ・環境 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パキラ 切る



ひょろひょろと上にばかり伸びてしまったパキラ。
台風の度に倒れるほどバランスが悪いので、エイっと切ってしまった。

切った下のところから新し芽が出る、というWEB情報を頼りに作業したものの
このまま枯れるんじゃないだろうかと心配していました。
ところがどっこい、2週間経ってちゃんと芽が出始めました。

P1200897.jpg

幹の部分を切って土に差しただけの鉢からも芽が。
根っこもないのにすごいなあ、と毎朝感心しております。

| ecology / エコ・環境 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パキラ



鉢替えしたら、葉っぱが巨大化。
30センチ超え。ちょっとびっくり。

| ecology / エコ・環境 | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブドウ棚

しばらくごぶさたしてしまいました。
いそがしさにかまけて放置すると、すぐに1か月経ってしまうのですね。
いかんです。しかし元気でやっております。

その間の出来事もいっぱいあるのですが、今日はおいしい話題から。
P1110535.jpg
P1110552.jpg

10月中旬に妻の実家のある山梨でちょっと時間ができたので
「じゃ、ぶどう狩り行こうか?!」
「よしっ。」
それからわらわらと準備をして、30分後には農園に到着していました。
身近なところで採れたての果物を何種類も堪能できるという環境は
日本にもそれほどないのではないでしょうか。
山梨、甲府盆地ってつくづく素晴らしい。

ところで、写真にあるようなブドウ棚から漏れる光って美しいと思いませんか?
木漏れ日効果ともいうんでしょうか。癒し効果抜群です。
ブドウだけでなく、ゴーヤでも藤でも同じことが期待できます。

住宅でももちろん作ることができます。
屋外デッキのあるような家ならもちろん、ベランダや庭にパーゴラを作って
そこに這わせればいいんですから。

実は先ほど計画が始まった住宅ではこれを実践してみようと考えています。
どんな空間になるのか、今から夢を膨らませています。

妻が設計した実家にも、今年になってパーゴラを増築しました。
もちろん妻の設計で、ちゃんとつくってあります。
義父もそこにブドウを植えることを考えているらしく、
農園の主人と何やら相談中でした。
こちらは近々実践するでしょうから、何かしら報告ができると思います。

| ecology / エコ・環境 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おすそわけ

2年程前に先輩建築家からもらった植物が、大きくなりすぎたので
鉢分けをして、もらい手を探していました。それを先週2人目にお渡し。
photo.jpg
ユーフォルビアインゲンスという多肉植物。もともと家にも同じものがあり、
サボテンかと思ってあんまり水をあげずに育てていたところ、
その先輩から、水はじゃんじゃんあげていいんだよ、と聞いてさっそく実践。
2年目にしてあまりに成長しすぎて冬にマンションのテラスから室内に取り込めなくなってきた。
1年で30cmは伸びたかな。
何?、そんなに元気になるの?!とびっくりしていたところ
googleで「ユーフォルビアインゲンス」と画像検索すると、
街路樹?と思えるような巨大な画像が最初にヒットしてさらにびっくり。

冬にカッターでじょきじょき切っては土に植え、と鉢分けをしておいたら
8割方の枝が根付いて芽吹いてきました。たくましい。

鉢分け引き受け手の1人目は父。
父は家庭菜園をやるぐらいなので、もらってもらえるかなと思っていた。
2人目はお仕事の知り合い。
まさかあなたが植物を、というタイプの方で意外なところでつながりました。
広がる植物の輪。先輩にも報告せねば。
元気で育てよ~。

この夏も、もしうまく育ったら、来年か再来年にはまた鉢分けできるかな。
ご興味ある方いらっしゃいましたら、前もってご一報を。

| ecology / エコ・環境 | 04:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT