FC2ブログ

orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

古いシャンデリアを生かしながら応接間を書斎にリフォーム

応接間、という部屋名をご存知ですか。来客を迎え入れることを目的として家屋に設置される部屋(洋間)の名称(Wikipediaより)。この言葉自体が死語になった感もありますが、地方の古い住まいではいまでも存在しています。ソファセットと造り付けの本棚があって、床はカーペットやフローリングという組み合わせが多かったようです。

リフォームの相談を受けた勝沼のいえでは、この応接間が使われない部屋として存在していました。ほぼ倉庫のような位置付け。それもそのはず、客を迎え入れるという使い方としては、畳を敷いた八畳の立派な和室が続き間として二室あり、そちらは今でも現役で使われる部屋として機能していました。和室というのは用途を限定しないところが使い勝手が良いのでしょう。少人数でも大人数でも座卓と座布団を用意すれば来客の場となり、布団を敷けば寝室にもなる。二室のうち一室は寝室として使われていて、床の間のあるもう一室は客間として使われていました。



さてお話は使われなくなってしまった応接間のリフォームについて。夫婦で学校の先生をされていた施主は、仕事がらさまざまな本をたくさんお持ちでした。しかも退職後にもう一度大学に入りなおして勉強したい!という意欲までお持ちでした。それならば応接間は書斎として作り直して、落ち着いて勉強できる場所にしましょう、ということになりました。

そのうえで我々が書斎に提案したことは3つ。
1 天井までいっぱいの本棚を作って、蔵書を余すところなく納めましょう。

本の収納量を多く確保するには、長さよりも高さが有効だと考えています。天井近くの棚は手が届きにくいとはいえ、日常的に読む本でもなければ、上の方にあっても問題ありません。また我々は蔵書の大まかな
サイズと冊数のボリュームをつかんで、新書や文庫本が納まる奥行 170mmの本棚、文庫や雑誌が納まる290mmの本棚、大型本が納まる 350mmの本棚、の3種類に分けて整理をしました。

2 断熱性能、耐震性能確保のために北側のサッシは小さくして断熱性の高いサッシに交換しましょう。
3間、約 2.6m幅の4枚引き違いサッシが北側の外壁面にありました。昔は明るさが欲しかったのでしょう。本棚を多くしたいので、写真にあるようにサッシは半間、約 75cm幅の開きドアに小さくし、残りは耐震壁としています。

3 応接間であった記憶を引き継ぐために、シャンデリアを残しましょう。
シャンデリアは National 製。木製の額縁がついて、一部が堀上天井にできるようなセットになっていました。少し色あせた布クロスもセット。書斎には似つかわしくないと思いますが、入った時の違和感が住まい手にとっては「ああ、ここは応接間だった」と思い起こされる装置になっているでしょう。
北入りの玄関脇に位置していた応接間は、もともと明るさが入りにくい場所だったので、書斎にするにはもってこい。今はここで落ち着いて勉強されていることでしょう。

スポンサーサイト



| 勝沼のいえ1・2 | 09:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勝沼のいえ オープンハウスのご案内

S邸OpenHouse案内状ナシ-2

暑い日が続きますね。
昨年来手掛けてきた勝沼のいえの見学会をやらせていただくことになりました。

耐震、多世帯、バリアフリーといった様々な課題をクライアントと一緒に解決した住まいです。
木造真壁の母屋の外観はそのままに、調和と楽しさを作れたのではないか、と思っております。

来週末です。ぜひお越しください。

7月24日(金) 13時~17時
7月26日(日) 10時~17時

場所 山梨県甲州市勝沼町勝沼
(詳細な場所はご連絡をいただいた方に返信にてお知らせします)

私は24日のみ対応させていただきます。

| 勝沼のいえ1・2 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上棟



リフォームと同時進行中の離れが上棟しました。



ブドウ畑からの風も心地よくて、壁なんて無くても良いと思ってしまう。

日曜日に施主に来てもらい、仕上げ材の最終セレクト。




母屋の耐震リフォームは仕上げ工事の最盛期。



昔のものを引き継いで見せたり、大胆に変えてみたり、リフォームだからこそできることに挑戦しています。



玄関ホールの床下には、何やら大きな基礎が据えられています。



何ができるか、お楽しみ~。

| 勝沼のいえ1・2 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

椅子って全部違う



三月から着工している、勝沼の耐震リフォーム。先日、表参道の家具蔵でダイニングテーブルと椅子を見に行きました。

普段は少人数で使いながら、来客や盆暮れにはワイワイと食事ができるようなテーブルを、という希望から、四角くないテーブルを探されていました。

椅子はノーイメージ。テーブルに合わせて選ぼうということ。

都内で予定のあった奥様に合わせてスケジュールしたのですが、当初は山梨からわざわざ出向くことに消極的だったご主人。

でも一番こだわりを持って椅子選びをしていたのはそのご主人でした。

ひとつひとつ座りながら吟味して、自分に合う、合わないを見極めていました。

良くあることですが、家づくりに関して男性は大枠のプランと予算が決まると、あとは奥様の好きなように決めていいよ、と優しく、かつ引き気味になってしまいます。

今回は再度ご主人引き入れることができたような、家具選びでした。

骨格、身長、普段の姿勢、体重などベストフィットする椅子は人によって違うもの。

その違いが、体験としてわかっていただけて、何より良かった。



| 勝沼のいえ1・2 | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勝沼の耐震リフォーム01 今あるものを活かす



春先から打ち合わせを重ねてきた、塩山の耐震リフォーム。
計画の方針が固まり、具体的な設計段階に入りました。

今の計画に落ち着くまでに検討してきた過程について、
何回かに分けてお話ししたいと思います。
これまでの過程では、建て替えも含めた多方面からの検討を重ねて、
現在の耐震改修リフォーム+増築という方向性が見えてきました。

まずはご依頼の内容と、現地視察から。

リタイア世代のご夫婦が、高齢になって足腰の弱くなった両親のための空間を一階に用意したい、
というザックリとした相談から始まりました。
現在は2階に住まわれているご両親。
いつ階段から転倒するかわからない状態でした。

そこで、まずは既存の建物を見させていただいてから、どんな可能性があるか、考えましょう。
と、まだ大雪の残る甲府盆地に向かいました。

敷地は旧街道に面する長屋状の短冊地が並ぶところ。
短冊といっても、接道が10m程もある大きな区間が並んでいます。
ブドウ農家の作業小屋が街道沿いに点在し、
カフェや小物を売る小屋に改装されているところもある、魅力ある地域。

ご自宅はというと、真壁木造2階建ての立派なお宅でした。
天井も高く、建具の建て付けも狂いがない。
壊すには惜しいし、いまこの風格の住宅を作るのは贅沢なくらい。
というのが第一印象でした。

聞くと、お父様が今は亡き地元大工と思い入れたっぷりに作ったらしく、
家族全員が残したいらしい。
悩みは北側の居室に光りが入らないことぐらい。

これはリフォームが大前提だろう、という確信はあったものの、
これからの世代のことも考えて、
コンパクトにして平屋に建て替えする案も、一度は考えてみましょう、
ということになりました。

| 勝沼のいえ1・2 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |