FC2ブログ

orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

縄張り確認



建物の位置を図面と間違えずに建てる。
簡単そうなことですが、
敷地が整形でなかったり、
再度測量してみたら、敷地形状が異なっていたりするもの。

設計の段階でどこの寸法が大事なのかを現場や職人さんに伝えています。

多くは厳しい側の隣地からの距離が基準になりますね。

工事の時期によっては、暑過ぎてボーっとするから間違える、なんてことも。
やり直しのきかない位置決めにはやはり立ち会いが必要ですね。
スポンサーサイト

| それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家 | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地鎮祭 @それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家

 

建物を着工する前に行う祈りの儀式、地鎮祭。
これから始まる工事の安全をお祈りするものなので、
工務店や職人さんにとってはぜひにでもやっておきたい節目の儀式です。

ところが地鎮祭、上棟式、オープンハウス、といったものは
工事見積もりには費用が含まれることはありません。
やってもやらなくてもいいことになっています。
施主の考え次第、という訳ですね。

とは言いながら、それぞれに理由があってのイベントなので、
私としてはやることをオススメしています。

それぞれに開催して欲しいひとが異なります。
地鎮祭は工事の安全を祈念するので、主に工務店がやってほしい。
上棟式はこれから始まる工事の職人さんひとりひとりと
良い関係を築くために、主に施主にとって開催すると竣工後のメンテナンスを含め
顔がわかって何かと良いのではないか。
オープンハウスは主に設計事務所が開いてもらいたい。
といった具合です。


施主の知人に神主さんがおり、その方に来てもらいました。
テント、砂、縄、足場確保の為のムシロや合板を工務店が用意。
神棚用の木製台は神主さん。
米、酒、塩、魚、野菜といった供え物は施主が用意しました。


180730池田邸地鎮祭02 

よっぽど天候が荒れない限りは日取り(六曜)優先で開催日を決めます。
六曜と関係者のスケジュールを調整して日程を決めるので、
地鎮祭の日程は数カ月前から決めることが多いですね。
先勝先負大安の日を選び、
友引仏滅赤口は開催しないことが一般的。

気持ちも新たに現場監理を進めてまいります。


| それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リフォームセミナー 9/16@パナソニックリビングショールームさいたま


子育てを終えて、部屋があまってしまった。

冬、寒い浴室を狭い脱衣室と共になんとかしたい。

そんなお悩みをお持ちの方にお伝えするリフォームのいろは。

建築家と一緒なら耐震性や断熱性もアップさせながら、

大胆なリフォームが実現できます。

具体的な実例をもとにお話しします。


建築家が語る~リフォームのいろは~

間取りを変えて大胆リフォーム

 

開催日時:2018年9月16日 ●●時~

開催場所:パナソニックリビングショールームさいたま


無料のセミナーです。

開催時間はまだ決まっていませんので、後ほどこちらでもお知らせします。


長い間お世話になっているさいたまショールームで久しぶりに

セミナーを開催することになりました。

さいたま新都心駅前から与野駅近くに移転し、新しくなった

ショールームを見学がてら聞きに来ていただいてもいいですね。


当日は人数に合わせて場所を選ぶ予定です。

少人数なら一方的にお話しするというよりは、

みなさんの疑問やお悩みを最初に伺いながら、内容を変えていく予定です。

写真は少人数の場合の候補の場所。

ソファに座っていただきながらリラックスして聞いてもらうのもいいかな、と。

事前に予約をしていただけると人数把握ができてありがたいです。


連絡はこちら。

パナソニックリビングショールームさいたま


| 相談会 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空を見るための窓をつけたリビングダイニング

 

北側に向けて片流れで降りる勾配屋根を持つ住まいです。
レンズの関係で天井がフラットに見えるかもしれませんが、
そこそこ勾配があります。

敷地の南側は集合住宅の大きな駐車場があり、
少し目線を上に向ければ遮るものは何もありません。
空です。
2階レベルでこの解放感は、都内ではなかなか手に入れられないでしょう。

というわけで、二階リビングには南側に大きな開口部をつくり
さらにロフトに当たる高さにも開口部を設けました。
夜になっても閉じることなく、開けたままでもプライバシーが守られます。

写真では下の窓は木製ブラインドが下ろされた状態です。
ロフトの窓は夕景の夜空を見上げています。

ロフト窓の前にはキャットウォークを設け、
メンテナンスができるようにしています。

月の動き、雲の動きを飽きずに眺めることができる
おおきなロフト窓があるリビングダイニングです。

| 調布の家 | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きなグリーンカラーで囲まれるキッチン

 

奥様が主体で作業をされるキッチンです。

好きなグリーンのクロスで壁、天井を仕上げて、
グリーンに合うように家具の色を決めました。

家具はシナ合板にオスモカラー染色、つや消しのウレタンクリア。
LIXILの既製品をメインの側に使用し、
ダイニング側は造作家具で腰壁収納を作ることで、
キッチンカウンター上に並んでしまう洗剤、お皿といった
雑然としたものを隠すことができます。

カウンター長さは2.7m。
バックカウンターも同じ長さがあるので、作業上も収納上もまず困ることはないでしょう。
吊り戸棚はメインのカウンター側はダイニングとのつながりを重視して設けず、
バック側に女性でも開けやすい高さまで下げた造作家具の吊り戸棚を設けています。

これだけの収納量があれば、四人家族でもまず問題ないはずですが、
こちらの家庭ではウォータータンクを利用しており、
そのストック置き場も兼ねて、
写真の反対側にはパントリーを半畳ほど設けてあります。

| 調布の家 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT