orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長期優良住宅と確認申請の提出 それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家

180620申請

それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家では、申請作業が進んでいます。
先日は民間の確認検査機関であるUDIという会社に
確認申請と長期優良住宅の申請を提出してきました。

このプロジェクトは43条1項ただし書き許可の申請も並行して進めており、
実際にはその許可申請が終わってからの審査になりますが、
建物の形状が複雑なので、民間機関から前もっての提出を求められていました。

そう、ひとつの建物に3つの申請が絡んでいる珍しいケースです。
それぞれに簡単に説明をすると、、、

確認申請とは、住宅を建てるのであれば日本全国どこの敷地でも必要なもの。
建築基準法に書かれている内容を満足していることを証明するために
必ず必要な申請です。

長期優良住宅とは、一般的な建物に比べて少し長い期間建物が使い続けられるように
簡単にメンテナンスができように、とか
地震に対して少し強固な耐震性を、などといった項目で
基準を満たした住宅については税金の減免をみてあげましょう、という制度。

43条1項ただし書き許可とは、建築基準法で定められている一般的な道路ではない
道路に敷地が接している場合に必要な申請です。

申請が3つもあると、順序立てて作業したり、
手戻りが無いように内容を見直したりと、申請作業は目に見えない配慮が必要ですね。
スポンサーサイト

| それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家 | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めての経験 1年検査で指摘無し!


竣工、引渡しをしてから約1年後に行う検査、1年検査。
日本の四季を経験して、ひととおり家の動きが把握できたところで
不具合があれば手直しをしましょう、という確認のための検査です。

木造の家の場合、気が湿度を吸い込んだりするので、
多少の伸び縮みがあります。
床のフローリング、壁の下地のボード目地、建具の反り。
他にも照明器具が早くもつかなくなった、
換気のファンに異音がする、
といった住み始めてみないとわからない不具合が
ひととおり出るであろう時期をねらって伺います。

田端の家の場合、壁天井の仕上げが塗装でした。
塗装の場合、壁の板と天井の板がぶつかる部分=入隅(いりすみ)に
割れが生じやすいもの。
場合によっては大きな壁面のどこかに縦のラインが出てしまうことも。
敷地いっぱいに作ったので、屋根の形状も複雑だったので
内部の天井も複雑な形状。

どこかに割れは出ているんだろう、ぐらいの気持ちで行きましたが
ない。
どこにも、ない。

しかも小さなお子さんがいるので、階段や廊下部分の壁は
いたずら書きで黒くなっているかと思いきや
それも、ない。

「竣工検査のときのままですね、ビックリです」

とっても良い経験なのですが、
私は初めての経験、工務店の担当も初めての経験だったらしく
無理してあら探しをしてしまうほどでした。

SE構法で軸組がしっかり作ってあるから?
施主がとっても大事に使ってくれているから?

なかなか次に生かす経験とはなりにくい出来事ながら
気持ちのよい週末を送ることができました。

| 田端の家 | 06:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明るいモザイクタイル貼りの浴室と洗面



タイルの良いところは、年月が経っても劣化が少ないところ。経年劣化でアジを出す素材も好きですが、ほとんど変化のないことも価値ある素材です。

モザイクタイルのモザイクとは、一辺5センチ未満のタイルのことです。カタチは問いません。四角、丸、六角などいろいろなカタチがあります。

タイルは色にムラがあったり、ほんのわずか目地が歪んでいたりするのが、これまたとっても良いんですね。

モザイクタイルの場合には、数種類のちょっとだけ異なる色を混ぜて貼ることで、ワザとムラをつくることができるので、愛用してしまいます。

写真にある事例の場合は、浴室の出入り口を枠なしのガラス張りにして、洗面と一体化させました。さらに壁の素材も同じモザイクタイルにすることで一体感を強調しています。

| 調布の家 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝霞の家 地盤調査



朝霞の家では、解体整地に引き続いて、地盤調査を行いました。
お願いしたのは、31会でお世話になってるエイチジーサービスさん。
自走式の測定器を設置して、手際良く作業されています。
地域的には関東ローム層が広がる平地と想像できるので、お金がかかる地盤改良は必要ないのでは?と考えています。
構造担当が調査結果をどのように判断するか、しばし待ちたいと思います。

| それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

解体整地完了




朝霞の家では、解体工事が完了しました。
建物の配置がもともとの家と大きくかぶっていたので、解体完了後に地盤調査をする予定です。

地盤調査は、工務店の瑕疵担保責任保険の要請により、建物四隅と中央の計5カ所に必要です。小さな建物だと、そんなに箇所数が必要?と感じてしまいますが、ここではちょうどいい数です。

工務店の見積もり調整、確認申請の協議と図面作成、地盤調査の手配、大きなサイズの模型づくりと、クライアントとの打ち合わせ回数は減りますが、設計完了後から建物着工までの期間は、言わば下地がため作業をしています。

晴れて地鎮祭が迎えられるよう、諸処奮闘中です!

| それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT