FC2ブログ

orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新国立劇場20周年を機にいえの修繕を考える


 

ダンスやバレエの講演に年に数回訪れることのある新国立劇場。
新宿のようで新宿駅から行くとちょっと遠い、初台駅。
たまたま中野からバスでアクセスできる利便性が気に入ってます。

先日新国立劇場のバレエ団による講演に行く機会がありました。
久々のメインホール。大きい。
ホールの壁画には20周年の光文字がありました。

え?もう20周年? 
よくメンテナンスされていて、古さを感じたことがなかったので、少し驚きました。
でも国の建物ですし、メンテナンスをしていて当然。

公共の建物にとって、20年は大きなメンテナンスをそろそろ始めようという時期。
コンクリート造の建物なら、屋根や外壁の修繕を足場を組んで行う、
「大規模修繕」といわれる工事が必要な時期です。
マンションをお持ちの方であれば、管理組合の積立金が大規模修繕費に
間に合うまで積みあがっているかどうか、役員たちが頭を悩ましていることでしょう。

実はこうした大規模修繕の時期は外回りの工事だけでなく、
部屋の中のリフォーム工事も考えてもよい時期といえるでしょう。
20年も経過すれば、家族の形態、住まい手の人数、家に必要とされる設備などが
変わっている時期でもあります。

また、今から20年前は住まいに求められる断熱性、耐震性といった基準が
それほど高くなかったころ。
特に断熱性はサッシの性能向上が著しく、窓から入ってくる暑さ、寒さは
新しい家では段違いに性能が良くなっています。

家を新築されてからの20年は、それほど手間をかけずにすんでいた
住まいの補修も、これからの20年は頻繁に手を掛けないと維持できなくなるはず。
建物をながく使い続けるためにも、早めの補修を心掛けるようにしたいものです。
スポンサーサイト

| story / 本・映画・展覧会 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

縄文展を見に夕方から出掛ける夏

fc2blog_20180723062408fd8.jpg


縄文関係者のみなさま、朗報です!
上野の東京国立博物館で開催中の縄文展、これは必ず見るべきです。

縄文土器土偶を写真では知っていたけれども
実物を見ると新しい発見や感動が山盛りです。
こんなに立体的だったの?!
この土偶のヒップはこんなだったの?!!
しかもいちいち造形美に無駄がない。

見たことあるよ、知ってるよ、という方も
これだけの物量の展示はそうそうないと思います。

私は卒業論文で縄文の祭祀遺跡について取り上げ、
前職で岩手の御所野縄文博物館の担当になってから、
勝手に縄文関係者の一員になっています。
能登在住の時も縄文真脇温泉によく行きましたね。

会場では御所野でお目にかかれなかった、鼻曲がり土偶が置いてあったり
能登真脇温泉の巨木遺構がドン、と置いてあったり。
火炎式土器なんて、こんなに出土していたの?というくらい。
ひとコーナーを形成していました。

暑いので、夕方からお出かけするのがおススメ。
夜9時までOPENしているので、仕事帰りでも行けますよ。

| story / 本・映画・展覧会 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホワイトアスパラガス WonderWater @東京芸術劇場

180701東京芸術劇場

ダンスや演劇の公演を見に行くことの多い家族です。
近場では初台の新国立劇場が一番多く、ダムタイプ、森山開次などのモダンダンス、クラシックバレエ、上野でロシアバレエを観たことも。遠くでは、夏休みに清里のフィールドバレエに何度か。

ちょっと前の話ですが、池袋の芸術劇場で、地下のホワイエや屋外を利用した無料公演があったので立ち寄ってきました。

ホワイトアスパラガス パフォーマー、ひびのこづえ 衣装、川瀬浩介 音楽 のWONDER WATERという演目。昨年の奥能登芸術祭で披露されたもの。珠州の海に潜った時の感動を表現している、のだそうだ。

珠州といえば、働き始めた頃、10ヶ月ほど常駐して現場監理をしたホテルがあるところ。思い出いっぱいすぎて、語り尽くせない場所。芸術祭にも行きたかった!

これも何かの縁だねー、って1人納得しながら鑑賞してました。

ホワイトアスパラガスは楽しい!
サーカスの技術要素を持っているらしいけど、ギャグのセンスもある。喋る訳ではないけどね。
終盤はアスパラガスのテーマソングとダンスまであって、ノリノリ。

わかりやすい、楽しい、って要素はどんな表現にも必要。写真では見えませんが中に人が入っているんです。その時点で、こどもならワー!ってなるしね。実際小さな子は触りたくて、てくてくと前に出ちゃう。

こどものココロを掴むお仕事、素晴らしい。

| story / 本・映画・展覧会 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平田晃久展 ギャラリー間

fc2blog_20180623093017b98.jpg

乃木坂でやっているギャラリー間の平田晃久展に行ってきました。

一見するとわかりにくい、けど噛めば噛むほど味が出てくる建築、
といえばいいでしょうか。
写真にあるような、開口部をひだで拡張したような形状が
ビルの外観にいっぱいついているような建物。
意味があるんです、わたしには説明できないけど。

建物をつくることも、人間の生物としての行動として捉えている建築家です。
ものわかりのいい、通り一遍のコトであふれている現代からは
ずいぶんとかけ離れているところで作っているんですよね。

たまたま館長のギャラリートークを聞く機会があったので
少ない時間ながら私でも一歩入り込んで見学ができました。

TOTOが運営している無料のギャラリーです。
お時間のある方はぜひ一度足を運んでみてください。

| story / 本・映画・展覧会 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つみきおじさん再会



130317-2.jpg

130317-3.jpg

昨日は新宿パークタワーのオゾンでつみきおじさん、荻野雅之さんの
つみきワークショップに家族で参加してきました。
荻野さんとは甲府の家のスケルトン改修でクライアントに紹介され、
家具作家として素敵なダイニングテーブルを作っていただきました。

その時のブログはこちら。
http://takiarch.blog40.fc2.com/blog-entry-138.html
家に伺うたびに長居をしてしまうのはこの机のせいです。

「さいきんはつみきおじさんとしての仕事がメインなんだよね~」
と会ったときから聞いていたので、一度は参加してみたいと機会を伺っていました。
また私の師匠でもある建築家、仙田満先生が作ったこども環境学会の会員でもあり、
つみきワークショップが学会賞までいただいていたことも何かのご縁としか思えません。

さてさて、初めて会う子供達同士をどのようにしてまとめて、
積み木の街づくりに引き込むのか、興味津々でした。

赤いジュータンでステージ感を出すこと、
作業中二回ほどジュータンの端っこに全員で立って俯瞰すること、
こどもの作品をつなぐ道路や線路を何人かでつくること、
など体験するとなるほどなあということがいっぱいでした。

こどもの自主性に任せる、というのも、自分の子の社会性を測り、育てる機会として良かった。
もちろん荻野さんの大きな声でのリードなくしてまとまらないわけですが。

私を含めたご夫婦で来ているお父さんたち幾人かは集められて、
隅っこでせっせとタワーづくりに励みました。
目標は2m越えでしたが、納期に間に合わず、1.6mぐらいで終了。
タワーづくりに限らず、全体的にちょっと時間は短めであわただしかったかな。

娘もたくさん刺激をもらったみたいだし、
またどこかでワークショップに参加しよう!

荻野さんの活動はこちらに。
木楽舎 つみ木研究所
http://www.kirakusha.jp/

| story / 本・映画・展覧会 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT