FC2ブログ

orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

川越氷川神社で結婚式に参列









川越氷川神社で結婚式に参列してきました。

少人数のこじんまりした式だったこともあり、とてもアットホームな心温まる式と披露宴でした。

神社では風鈴祭り?のイベントが催されていて、大賑わい。その中をしずしずと進む花嫁。もちろん大注目を集めていました。鈴の音も爽やかな夕方でしたよ。

ホテル内での神前式に参列したことはありましたが、神社では初めてでした。写真にはとれませんでしたが、驚きがいっぱい。巫女さんが二人のために踊るんだ、とか、新郎新婦は本殿まで近づけるんだ、とか。

どんな形でも二人の門出をお祝いする気持ちが大事。末永くお幸せに~!
スポンサーサイト

| profile / プロフィール | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定期的にプールに通っているわけではありませんが、夏ってことで


泳ぐのはうまくありません。苦手という訳でもありませんが、
プールで何ターンも泳ぐ人を見ると別の世界にいるように思えます。
去年はプールの設計をしたんですけどね。

それでも連日蒸し暑くなるこの時期になると、
水の中にドボンとしたくなります。

住んでいる中野区では、新しい小中学校には屋内プールを持つところがあり、
区民に開放しています。
昼でも夜でも空いていれば、数百円でドボン。

あまり泳ぐのが得意でないけど、水が好きなこどもとは
この時期意見が一致することが多く、晩御飯を食べてからドボンしに行きました。

コースロープが張られていますが、端っこのコースは自由エリア。
途中で立ったり、遊んでいたりしても怒られません。
遊園地のプールのように売店や青い空はないですが、意外とリフレッシュ。

というようなことが何回も続いていると、
少しでもいいから自分の泳ぎに進化がでないかな~と探っているところ。
スポーツは誰かに習ったほうが上達が早いらしいですが、私は常に自己流。
テニス、スキーは長年やっていますが、習ったことはありません。
楽しんでやっているうちに、上手な人をじっくり眺めて真似をする。
これで十分な気がします。
世のコーチをお仕事にしている方すいません。

無理せず楽しんで、夏を乗り切る方法、あなたは何をやっていますか。

| profile / プロフィール | 08:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

断熱&耐震リフォームのお勉強

180701長期講習 工事することで家の基本性能をアップするリフォームが断熱リフォームや耐震リフォームです。 いずれも生活していても目に見えない工事。しかも費用もそこそこかかるので、二の足を踏む方の多い分野です。しかし子育て世代が最初に買うのが中古住宅のことが増えていて、そういった長く家を使おうと考えている方に必要なリフォームなのですね。はい、この勉強会で知った、にわか知識です。 家のランニングコストを気にする、地震が来ても住み続けることができる、当たり前の性能を確保したうえで、デザインにこだわりたいもの。 耐震に関しては、耐震診断という方法で数値化して見えるようにしていました。今回の勉強で断熱に関しても見える化の方法を学んでいます。 次の段階は実績あるのみ。 どなたか断熱リフォームしませんか?

| profile / プロフィール | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

学院バド部



先日、高校の同級生の結婚式があり、懐かしの顔ぶれが集まりました。

恩師のスピーチのうまさにひれ伏したり、二次会に集まった皆の話を聞いたり、楽しい時間でした。

高校は三年間クラス変えも、担任変えもない学校でした。受験勉強がないので、ひたすら好きなバドミントンをしていた記憶があります。

人生の門出に立ち会えたことに、集まるきっかけを作ってくれたことに感謝です。

| profile / プロフィール | 09:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六本木離れ部屋


 

少し前のことになりますが、懐かしい人に会いに台東区まで行ってきました。

関さん、というグラフィックデザイナーの方です。

 

今から10年ほど前、co-labというシェアオフィスが六本木にありました。

独立して仕事を始めたばかりの私は、狭くても何とか1Kの自宅で作業をしていましたが、

マンションの一室で内装工事が始まって電話の声も聞こえなくなったり、

実施設計が煮詰まってくると数日のあいだ家を出なくなってきたりすると、

さすがにどこか仕事場が欲しくなっていました。

 

とあるツテで、住んでいた東麻布から徒歩圏内にシェアオフィスがある、

と聞き自宅を脱出することとしました。

 

シェアオフィスというと聞こえがいいですが、

すでに稼働していたスペースに一歩遅くから参加することになったので、

10以上のブースが並び、広い共有スペースがあるメインの部屋は

既にいっぱいで、廊下を曲がったところにある、

倉庫のような場所に新しく増設する予定があてがわれました。


しかも窓のない部屋。


通称「離れ部屋」。

5つのブースが並んでいました。

 

ちなみに1ブースは2m×2mほどのスペース。

私はそこをさらに3名でシェアする形でした。


狭いという意味では今もそれほど変わり映えしませんが、

男三人が並ぶとさすがに狭かった印象がありますね。

 

関さんはそこの離れ部屋でご一緒だった方。

業種も違えば、仕事の時間帯も違うので、

特に話すわけでもないですが、

オープンな造りのブース内はのぞき放題。


電話の声を聞く。

挨拶をする。

考え事をしている。

そういった何気ない仕事っぷりに、人柄が出るもの。

 

関さんはいつも帰るときは机の上がピシッと片付けられていて、気持ちいい。

居ないことがほとんどだけど、いつもどこか飛び回っている。

お誘いした自転車のツーリング中に撮ったスナップ写真がどれもいい。

と片想いのような存在の方でした。

 

その関さんに、仕事の依頼ができるかもしれないという幸運が巡ってきました。

私が直接、というわけではなく、仲介役的な立場でしたけど、

それでも十分うれしい。


写真は関さんの事務所、Mr.Universで打ち合わせした時の風景。

真ん中の方が関さんです。

 

うまくつながるといいな。

六本木離れ部屋、たった5つのつながり。

| profile / プロフィール | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT