orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

学院バド部



先日、高校の同級生の結婚式があり、懐かしの顔ぶれが集まりました。

恩師のスピーチのうまさにひれ伏したり、二次会に集まった皆の話を聞いたり、楽しい時間でした。

高校は三年間クラス変えも、担任変えもない学校でした。受験勉強がないので、ひたすら好きなバドミントンをしていた記憶があります。

人生の門出に立ち会えたことに、集まるきっかけを作ってくれたことに感謝です。
スポンサーサイト

| profile / プロフィール | 09:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六本木離れ部屋


 

少し前のことになりますが、懐かしい人に会いに台東区まで行ってきました。

関さん、というグラフィックデザイナーの方です。

 

今から10年ほど前、co-labというシェアオフィスが六本木にありました。

独立して仕事を始めたばかりの私は、狭くても何とか1Kの自宅で作業をしていましたが、

マンションの一室で内装工事が始まって電話の声も聞こえなくなったり、

実施設計が煮詰まってくると数日のあいだ家を出なくなってきたりすると、

さすがにどこか仕事場が欲しくなっていました。

 

とあるツテで、住んでいた東麻布から徒歩圏内にシェアオフィスがある、

と聞き自宅を脱出することとしました。

 

シェアオフィスというと聞こえがいいですが、

すでに稼働していたスペースに一歩遅くから参加することになったので、

10以上のブースが並び、広い共有スペースがあるメインの部屋は

既にいっぱいで、廊下を曲がったところにある、

倉庫のような場所に新しく増設する予定があてがわれました。


しかも窓のない部屋。


通称「離れ部屋」。

5つのブースが並んでいました。

 

ちなみに1ブースは2m×2mほどのスペース。

私はそこをさらに3名でシェアする形でした。


狭いという意味では今もそれほど変わり映えしませんが、

男三人が並ぶとさすがに狭かった印象がありますね。

 

関さんはそこの離れ部屋でご一緒だった方。

業種も違えば、仕事の時間帯も違うので、

特に話すわけでもないですが、

オープンな造りのブース内はのぞき放題。


電話の声を聞く。

挨拶をする。

考え事をしている。

そういった何気ない仕事っぷりに、人柄が出るもの。

 

関さんはいつも帰るときは机の上がピシッと片付けられていて、気持ちいい。

居ないことがほとんどだけど、いつもどこか飛び回っている。

お誘いした自転車のツーリング中に撮ったスナップ写真がどれもいい。

と片想いのような存在の方でした。

 

その関さんに、仕事の依頼ができるかもしれないという幸運が巡ってきました。

私が直接、というわけではなく、仲介役的な立場でしたけど、

それでも十分うれしい。


写真は関さんの事務所、Mr.Universで打ち合わせした時の風景。

真ん中の方が関さんです。

 

うまくつながるといいな。

六本木離れ部屋、たった5つのつながり。

| profile / プロフィール | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とにかく寝る



風邪を引いてしまった。先週のこと。

年度末の雑用もそっちのけでやることもあったのに。

仕方ない。風邪のときは、四方に謝りの連絡を入れて、とにかく寝る。

朝から晩まで、いや朝まで。

もう九割がた治りました。関係者の皆さん、ご心配、ご迷惑をおかけしました。

写真は本文とは関係ありません。

| profile / プロフィール | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中学校同窓会



この土曜日中学校の同窓会でした。
幹事から声がかかったのが、昨年秋なので、一年かけて準備をしたことになりますね。
私は地元で動くことは難しかったので、サポート役の幹事でした。
所沢で恩師を訪ねたり、会場下見をした皆さん、おつかれさまでした。
想定以上の人数に来ていただいて、大成功だった。

クラス単位で集まることはあっても、学年全体となると
卒業以来一度も集まることなく、30年ぶりの顔合わせ。
なつかしいやら、初めましての人も多かったな。

どこの同窓会でもそうなんだと思いますが、
同窓生とは垣根なしに話ができるのが
何より心地いい場所。
お互い自分のことを知ってくれている人が大勢いるだけで
生きてる価値を確認し合っている感じがします。

私は会いたかった人の半分ぐらいに会えました。
40歳を数年過ぎた今、組織での立場がある友人もいることも実感しました。
私が会いたい気持ち半分で幹事役に誘っても、
人生最大に忙しくて幹事どころか当日も行けないかも、という人が何人かいました。

来れない友人がいることは、私ももっとがんばろうという気持ちをもらえますし、
今回を機会に、集まるネットワークだけは維持して、いつかまた集まりたい、
そう思えた週末でした。

| profile / プロフィール | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一息つくとやってくるもの

週の半ば、いきなり高熱が出て寝込みました。
仕事のヤマを超えてほっと一息つくとやってくるもの、風邪です。

1日半寝込んで、今はほぼ回復してリハビリ中ですが、知人の、
あなどることなかれデング熱の記事を読んでいたもので、発熱初期に調べることにしました。

医院に事前にデングだった場合どうなるか聞くと、
疑わしい場合は保健所に連絡して検査キットを送ってもらい、判定することができる、とのこと。

では行ってみよう、とフラフラになりながらも、いつも通っている近所の内科へ。
のど痛、頭痛以外に全身には痛みがないこと、
週末に行った上野公園では発生源になっていないこと、
刺された付近が腫れ上がっていないこと、
私が笑って応対していることなどから、
間違いなくデングではない、と診断されました。

ひと安心したものの、解熱剤について万が一デングだった場合のために、
良くないものを除外してくださいと頼むと、
情報は新聞以外になく、困っているんだよね、とのこと。
新聞でもいいじゃん、お上の通達待っててもしょうがないから、とは言いませんでしたが。

デングではないのだから大丈夫なんですがね。
医師もデングの人を診察したことがあるわけじゃなさそうだし、心配じゃないですか。

頼まなければカロナールを処方されていましたが、結果としてはボルタレンに変更してもらいました。

その後のニュースでは上野公園も新たな発生源になっているようだし、
ちょいとヒヤヒヤした数日でした。
熱は下がり、頭痛とのど痛が少し残るのと、
回復後なぜか手のひらが赤くなって、ちょいとかゆい。
血行が良くなったからかな。

| profile / プロフィール | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT