FC2ブログ

orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

光が透け、少し断熱性があり、破れにくい障子

hayakawa-003-480.jpg

_MG_8561-480.jpg

室内の建具は部屋を仕切るためだけのもの?
個室に入るところには部屋の様子がうかがい知ることができない
ことが多いですよね。

でもあいまいに仕切ることができる建具も多く存在します。
ガラスの入った、ルーバーが入っていて風が抜けるなど。
そのなかでも「障子」は光を透けさせながら、部屋の向こうが見えず、
ゆるやかに部屋を仕切ることができる良い装置です。

写真にある建具は、縦格子の両側に和紙を貼ることで
一般的な片面の障子に比べて空気層がある分だけ断熱性がある
両面和紙張りの障子です。

両面和紙張りなので、桟の奥行きが片面障子に比べて大きくなるので
価格的には障子、よりは建具に近い、すこし高価な建具になります。

さらに貼っているのは障子紙ではなく、
ワーロン紙という強化された障子紙。
10年くらいは張替え不要な障子になります。

両面に貼るので、光の透け具合、の向こうの気配は
薄い障子紙を使ってもあまり透過性は高いものにはなりませんが
かえってそれが良い雰囲気に。

1枚目の写真にあるように、壁面いっぱいに使うと
あたかも壁が明るく光っているかのような効果があります。

建具一つで空間の雰囲気を変えることもできます。
スポンサーサイト

| 甲府の家のスケルトン改修 | 09:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takiarch.blog40.fc2.com/tb.php/461-c6c1acc4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT