FC2ブログ

orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明るいモザイクタイル貼りの浴室と洗面



タイルの良いところは、年月が経っても劣化が少ないところ。経年劣化でアジを出す素材も好きですが、ほとんど変化のないことも価値ある素材です。

モザイクタイルのモザイクとは、一辺5センチ未満のタイルのことです。カタチは問いません。四角、丸、六角などいろいろなカタチがあります。

タイルは色にムラがあったり、ほんのわずか目地が歪んでいたりするのが、これまたとっても良いんですね。

モザイクタイルの場合には、数種類のちょっとだけ異なる色を混ぜて貼ることで、ワザとムラをつくることができるので、愛用してしまいます。

写真にある事例の場合は、浴室の出入り口を枠なしのガラス張りにして、洗面と一体化させました。さらに壁の素材も同じモザイクタイルにすることで一体感を強調しています。
スポンサーサイト

| 調布の家 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takiarch.blog40.fc2.com/tb.php/524-ced2db3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT