FC2ブログ

orange days

東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ

≫ EDIT

新国立劇場20周年を機にいえの修繕を考える


 

ダンスやバレエの講演に年に数回訪れることのある新国立劇場。
新宿のようで新宿駅から行くとちょっと遠い、初台駅。
たまたま中野からバスでアクセスできる利便性が気に入ってます。

先日新国立劇場のバレエ団による講演に行く機会がありました。
久々のメインホール。大きい。
ホールの壁画には20周年の光文字がありました。

え?もう20周年? 
よくメンテナンスされていて、古さを感じたことがなかったので、少し驚きました。
でも国の建物ですし、メンテナンスをしていて当然。

公共の建物にとって、20年は大きなメンテナンスをそろそろ始めようという時期。
コンクリート造の建物なら、屋根や外壁の修繕を足場を組んで行う、
「大規模修繕」といわれる工事が必要な時期です。
マンションをお持ちの方であれば、管理組合の積立金が大規模修繕費に
間に合うまで積みあがっているかどうか、役員たちが頭を悩ましていることでしょう。

実はこうした大規模修繕の時期は外回りの工事だけでなく、
部屋の中のリフォーム工事も考えてもよい時期といえるでしょう。
20年も経過すれば、家族の形態、住まい手の人数、家に必要とされる設備などが
変わっている時期でもあります。

また、今から20年前は住まいに求められる断熱性、耐震性といった基準が
それほど高くなかったころ。
特に断熱性はサッシの性能向上が著しく、窓から入ってくる暑さ、寒さは
新しい家では段違いに性能が良くなっています。

家を新築されてからの20年は、それほど手間をかけずにすんでいた
住まいの補修も、これからの20年は頻繁に手を掛けないと維持できなくなるはず。
建物をながく使い続けるためにも、早めの補修を心掛けるようにしたいものです。

| story / 本・映画・展覧会 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧山田守邸、蔦珈琲店


先日、機会があり表参道の古い住宅で今は喫茶店として使われている
旧山田守邸、現在は蔦珈琲店に行ってきました。

外観から、特に通りに面した入口は名前の通り蔦に覆われており
知る人ぞ知る、的な雰囲気を出しております。
右側の塀に「営業中」の看板がありますが、こちらも蔦で囲われていて
積極的に営業されていないのかな?とも思っていましたが
中に入ると懐かしい感じの喫茶店の雰囲気でした。

お店としての評価などは食べログなどにもあるので、そちらに譲るとして
建物として長く使われていることを感じながら
庭や建物を眺めると珈琲の味も変わりそう。

山田守は京都タワーや日本武道館を設計した建築家。
60歳を過ぎて建てた自邸がこれだそうです。
建設当初の写真を見ると、喫茶店の部分はピロティで、
住居部分が2階にあり、細い柱で浮いたような建物だったことがわかります。
建物は古いコンクリート造で、曲線、薄い庇などが特徴の建物です。
2階が公開された時期もあったようですね。

高低差のある敷地をうまく使って、2階に地面を近づけるように
庭に築山を設けています。
現在の喫茶店からはその築山に降る落ち葉や花びらが
Twitterで写真があげられているように、青山とは思えない景観を提供しています。
隠れ家的なお店であることは間違いありません。

古くからある喫茶店のため、喫煙OKのお店。
たばこのにおいが気になる方はお昼の時間をずらすなどして
人が少ないときに行った方がよさそうです。

| architecture / 建築 | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桃の夏、始まる!

fc2blog_201807230625100e9.jpg

はお好きですか?

しばらく前からですが、我が家はの季節を迎えております。
山梨では、はね出しのといって、市場に出回らない
キズものをご近所に配る風習?があり、
義父から食べきれない物をいただいた時に送ってもらうこともあります。

私はいくらでも喜んで食べるくらい好きですが、
それほど好きでもないという人が周りに意外といることに
ビックリしている最近です。
こんなにおいしいのにね~。

今年は岡山からも白をいただき、うれしい悲鳴で包まれておりました。

| food / パン・コーヒー | 07:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空を見るための窓をつけたリビングダイニング

 

北側に向けて片流れで降りる勾配屋根を持つ住まいです。
レンズの関係で天井がフラットに見えるかもしれませんが、
そこそこ勾配があります。

敷地の南側は集合住宅の大きな駐車場があり、
少し目線を上に向ければ遮るものは何もありません。
空です。
2階レベルでこの解放感は、都内ではなかなか手に入れられないでしょう。

というわけで、二階リビングには南側に大きな開口部をつくり
さらにロフトに当たる高さにも開口部を設けました。
夜になっても閉じることなく、開けたままでもプライバシーが守られます。

写真では下の窓は木製ブラインドが下ろされた状態です。
ロフトの窓は夕景の夜空を見上げています。

ロフト窓の前にはキャットウォークを設け、
メンテナンスができるようにしています。

月の動き、雲の動きを飽きずに眺めることができる
おおきなロフト窓があるリビングダイニングです。

| 調布の家 | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きなグリーンカラーで囲まれるキッチン

 

奥様が主体で作業をされるキッチンです。

好きなグリーンのクロスで壁、天井を仕上げて、
グリーンに合うように家具の色を決めました。

家具はシナ合板にオスモカラー染色、つや消しのウレタンクリア。
LIXILの既製品をメインの側に使用し、
ダイニング側は造作家具で腰壁収納を作ることで、
キッチンカウンター上に並んでしまう洗剤、お皿といった
雑然としたものを隠すことができます。

カウンター長さは2.7m。
バックカウンターも同じ長さがあるので、作業上も収納上もまず困ることはないでしょう。
吊り戸棚はメインのカウンター側はダイニングとのつながりを重視して設けず、
バック側に女性でも開けやすい高さまで下げた造作家具の吊り戸棚を設けています。

これだけの収納量があれば、四人家族でもまず問題ないはずですが、
こちらの家庭ではウォータータンクを利用しており、
そのストック置き場も兼ねて、
写真の反対側にはパントリーを半畳ほど設けてあります。

| 調布の家 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT